こんにちは、kanataです。

今まで、小説のアイディアがひらめいて、
書き始めるのはいいんだけど、いつも途中で挫折していました。

(あなたも、そんなこと、ありませんか?)


あるとき、そんな自分がイヤになった。

「短いものでも、なんでもいいから、とにかく
何かを終わらせることのできる自分になりたい...」



「毎日、一日400文字だけ書く」
という低い目標を設定し、短編小説
初めて書き終えたときのこと、今でも覚えています。

言葉で、なんて表現したらいいのか、
よく分からないけど、自分が
毎日少しずつ書き続けたものが、
1つの作品になったことが
、素直に嬉しかった。

傑作と呼べるようなものではなかったけど、
「書き終えることができた」それが、ただただ嬉しかった。


「今度は、長編小説に挑戦してみたい」
と思うようになりました。

超・戦略的!作家デビューマニュアル
で紹介されていた1年間のスケジュールで
やってみようと思います。

2ヶ月でプロットを100枚書く。
8ヶ月で長編小説を書く。
2ヶ月で推敲する。


のんびり更新だけど、
よかったら、たまには遊びにきてください。